木もれ日輝く那須の森

2010年04月14日 コメント (3)

スウェーデンで初めて作った器

先日の「しあわせな家具展」では、新作の机と椅子を展示しましたが、卓上に一つだけ10年前に作った物を置いていました。

100414_01.jpg

カメラ: Canon EOS 5D
レンズ: Canon EF24-70mm F2.8L USM

10年にも及んだスウェーデン滞在期間中、一番最初に作った物です。Kåsaコーサという水飲み用の器。やっぱり思い入れがあることから、手放すのは避けていたのですが、今回、それでも欲しいという申し出を頂き、お譲りすることとなりました。

発送前に記録に残すこととしました。しかし、ちょっと問題。なぜかというと外付けフラッシュCanon Speedlite 580EXが壊れていて、全く使えないのです。スウェーデンからの帰国直前に、バンッっという音を最後にうんともすんともいわなくなってしまったのです。。。その後は慌ただしくしていたため、修理依頼を怠っていたけど、やっと修理センターへ。

室内天井の蛍光灯だけで、どう撮るか挑戦。

カメラ: Canon EOS 5D
レンズ: Canon EF24-70mm F2.8L USM

普通に撮る(f16 シャッタースピード0.8秒)と悪くはないけど、影が強いので、光を散らすようにして撮影(f16 シャッタースピード13秒)。見違えました。画像上にマウスカーソルを移動してみてください。もう一枚の写真が現れます。ちょっと卓上面が光りすぎですが、綺麗。

100414_04.jpg

カメラ: Canon EOS 5D
レンズ: Canon EF24-70mm F2.8L USM

背景を白にすると、光がさらに回ってきて好都合。

100414_05.jpg

カメラ: Canon EOS 5D
レンズ: Canon EF24-70mm F2.8L USM

たっぷりと水を含んだ状態の生木から、刃物だけを使って手で作っています。指に豆を作りながら、数日かけています。

100414_06.jpg

カメラ: Canon EOS 5D
レンズ: Canon EF24-70mm F2.8L USM

製作年とサイン入り。

100414_07.jpg

カメラ: Canon EOS 5D
レンズ: Canon EF24-70mm F2.8L USM

加工後に、サンドペーパー等で削って磨くとツルツルになるのですが、わざとそのままにしました。刃物跡が残っているのも良いなあと思ったからです。塗装もしていません。汚れが付くリスクはありますが、手のひらが触れることで磨かれ輝いていくことでしょう。

もうすぐ旅立ちます。



コメント

とてもかわいい器ですね。大きさはどれくらいかな。。。

投稿者 シンジ

はじめましてdoraといいます。かわいい器ですね!取っ手を握って水を飲むのでしょうか?コップというと耳のような取っ手しか知らなかったので興味津々です(^^)

実は3年ほど前にハッセルブラッドに興味を持ち、調べている際にたまたま、このブログに辿りついたのですが、今でも日常的にこっそり拝見させてもらっております。その間、自分でもハッセルを手にして写真を撮るに至るまでになりました。

僕は粘土が好きで、趣味程度ですが気の向くままにちまちま作品作りをしているのですが、ものづくりという点からもとてもIKURUさんには刺激を受けています。これからも楽しみにしてます!

私事ではありますが、2年ほど前から北欧家具を扱うお店(http://www.greeniche.jp)で働き始めました。これも、もしかしたら、このブログとの出会いが影響しているかもしれません(^^)
来月、生まれて初めてストックホルム、コペンハーゲンをプチ旅しようと思っています。フリーマーケットなんかも見てまわりたいと本やWebで調べてますが、もしお勧めのところありましたら是非教えてくださいっ。。

ブログで登場したような景色にもあえるのでしょうか★
初めての北欧なので今から興奮してます♪

投稿者 dora

シンジさん
約10センチくらいの径です。ちょうど手のひらに収まる大きさと考えています。

doraさん
初めまして。アイスランドの火山の影響で大変だったようですが。ご旅行される頃には落ち着いているといいですね。おそらく段々と春を感じる季節になっている頃ですので、きっと楽しめると思います。素敵な情報が集まると良いですね。

投稿者 いくる

コメントをお願いします