木もれ日輝く那須の森

2010年07月19日 コメント (0)

製図 CAD 製図 CAD 製図 CAD ...

ベクターワークスを使った製図の勉強中です。スウェーデンで使っていた頃は、あまり3D描画による立体造形に時間をかけていなかったけど、かなり奥が深いです。

100719_01.jpg

これは正面図。数が増えてくると嬉しい。

100719_02.jpg

薄型テレビの立体図を描いてみました。雰囲気が分かれば良いので、シンプルに。

100719_03.jpg

一応、42インチ。地デジにも対応しています(笑)。

100719_04.jpg

レンダリング後。

100719_05.jpg

続いてDVDデッキも作図。たぶんブルーレイも使える(笑)。

100719_06.jpg

正しい寸法が分からないけど、Wiiっぽく見えるでしょう。

100719_07.jpg

簡単な台を用意した。

100719_08.jpg

それぞれを配置。

100719_09.jpg

レンダリング。
うん、悪くないですね。

次に、今までは思いつかなかったことをやってみることに。

100719_10.jpg

合成樹脂の様に表現してみた。
色はミチカが好きなピンク。可愛くなりました(笑)。

100719_11.jpg

すごいなあ、これ。ちゃんと向こう側が透けているし、屈折もしている。
さらに、DVDプレーヤーはテーブル面に映り込んでいる。

100719_12.jpg

もう一つ。
シルクスクリーンによるテキスタイルプリントの様に、連続する柄を作ってみる。

100719_13.jpg

それをテーブルに貼り付ける。

おおーっ、変だけどちゃんと繋がっている(感激)。

100719_14.jpg

これを透かすこともできるようだ(反射は解除した)。

100719_15.jpg

色々とやっているうちに、随分と使い方が分かってきました。
表現の幅を広げられそうです。



コメント
コメントをお願いします