木もれ日輝く那須の森

2010年07月10日 コメント (2)

立体モデル表現の勉強

前々から出来るんじゃないかと思っていたテクニックに挑戦してみました。ちょっと手こずったけど、なんとかなりそうです。

100710_01.jpg

5年前にスウェーデンで作った戸棚を立体モデルにしてみました。木目も貼り込んでみた(変なところもあるけど、そのままにした)。

100710_02.jpg

ベクターワークスで描いていた基本の図面はあったので、ほとんど数値入力だけで作図が進みました。

100710_03.jpg

特徴でもある縁取り部も再現。

100710_04.jpg

左が実物で、右がCADモデル。面白い。

そしてやりたかったのが、この二つ。

一つ目が、扉と引き出しの動作表現。
あれ、扉の鍵穴部の板が無くなっている。紛失したかな!? ←そんなことはありません。

可能性を感じる360度モデル。
モデルをクリックしたまま、マウスを上下左右に動かしてみてください。
マジックマウスならば、マウス上を撫でるだけで、滑らかに動きます。

これは、きっとこども達が喜びますね(笑)。



コメント

私もマウスでやってみました。
子供じゃなくても楽しいです♪
ikuruさん、いつも凄い!

投稿者 Mam

Mamさん
あはは、お楽しみいただけて嬉しいです(笑)

投稿者 いくる

コメントをお願いします