木もれ日輝く那須の森

2010年08月13日 コメント (0)

立体図作成トレーニング

VectorWorksの便利なところは、2Dと3Dを簡単に同居させながら図面を扱えること。3月の展示会向けに作った椅子を立体モデルにしてみました。

100813_00.jpg

図面は家具作りの大事な要素ですが、立体図があるとさらに分かりやすくなります。

100813_01.jpg

原寸での手描きの方が把握しやすい点もありますが、CADの良いところは色分けが容易なところかな。重なっている箇所でも判別が容易です。

100813_02.jpg

一番真っさらなモデル。一部は実物と違いますが、綺麗にまとまりました。

100813_03.jpg

通常では難しい角度からも。

100813_04.jpg

モデルが一つ出来上がれば、こんなことも楽勝。異なる角度のモデルを手で描くとなると、ものすごく苦労するからです。

100813_05.jpg

作図中、ミチカが膝に座ってきたので、ちょっと遊んでみる。コンクリート製の椅子。

100813_06.jpg

プラスティック製。良いかも(笑)。

100813_07.jpg

色を付けてみる。

100813_08.jpg

おおっ、こんなこともできるのか。知らなかった。

100813_09.jpg

そして、ミチカのリクエストに合わせて出来上がったのがこちら。スゴイでしょう(笑)。

さらに追加。アニメーション加工。ただし、鏡面処理はこのMacBookには、かなりきついようで出力に時間が掛かる。最新の超強力マシンが欲しくなりますね〜。



コメント
コメントをお願いします