木もれ日輝く那須の森

2011年12月08日 コメント (2)

机を作っています

ときにはお仕事写真を載せましょう。

スウェーデンで覚えてきた最高品質の合板作りをしています。合板というと安物とか、量産品というイメージがありますが、材料の選択や作り方によってはそうとは限りません。ものすごく手間暇をかけて贅沢に作るテクニックです。

111208_01.jpg

カメラ: Canon EOS 5D
レンズ: Canon EF24-70mm F2.8L USM

やっぱり、こども達が出てきました(笑)。やっていることは概ね同じなんですよ。

111208_02.jpg

カメラ: Canon EOS 5D
レンズ: Canon EF24-70mm F2.8L USM

直線出しをした突き板(薄い板)をテープでくっつけます。

111208_03.jpg

カメラ: Canon EOS 5D
レンズ: Canon EF24-70mm F2.8L USM

うん、そんな感じ。材料はホワイトシカモア。材木屋さんを色々と探して見つけ出しました。

111208_04.jpg

カメラ: Canon EOS 5D
レンズ: Canon EF24-70mm F2.8L USM

上手に出来ていますね。模範的な姿勢です(笑)。

111208_05.jpg

カメラ: Canon EOS 5D
レンズ: Canon EF24-70mm F2.8L USM

接続面をテープで固定。

111208_06.jpg

カメラ: Canon EOS 5D
レンズ: Canon EF24-70mm F2.8L USM

接着後にテープを剥がすと、一つの大きな板が出来上がります。

111208_07.jpg

カメラ: Canon EOS 5D
レンズ: Canon EF24-70mm F2.8L USM

隙間無く接着できればバッチリ。木目もブックマッチで合わせています。4枚それぞれが接着面で左右対象になっています。

111208_08.jpg

カメラ: Canon EOS 5D
レンズ: Canon EF24-70mm F2.8L USM

それを芯材となる板に接着します(これはテープを剥がしていない分)。綺麗な机ができますよ〜。



コメント

綺麗だなぁ…ギターとかは「虎目」なんて模様があったりしますが、木目の出し方?に呼び方があったりするんでしょうか。

投稿者 ts

tsさん
よく木の杢(もく)と言いますが、製材の仕方によってその模様を意図的に出したりします。例えばナラの木だと、柾目に製材すると虎斑(とらふ)という杢目が現れます。

投稿者 いくる

コメントをお願いします