木もれ日輝く那須の森

2011年12月13日 コメント (2)

細かい部分にこだわって作ってみる

先日、机の天板を作っているところを子供たちに再現してもらいましたが、どんな机になるのか、ちょっとだけご覧ください。フェイスブックには数日前から載せていた分ですが、すこし説明を加えます。

111213_01.jpg

カメラ: Canon EOS 5D
レンズ: Canon EF24-70mm F2.8L USM

これは試作。幾つも初めてのテクニックがあったので、ちょっと試してみる必要がありました。綺麗な材を取るために、かなり多めに製材。その中から外れ扱いにされた材を使っています。外れとはいっても強度に問題はなく、十分に使えます。ただし、ちょっと汚いところなどがあるので売り物にはなりにくいんです。

111213_02.jpg

カメラ: Canon EOS 5D
レンズ: Canon EF24-70mm F2.8L USM

天板は、合板の中身から作っています。厚さまで全て自分でコントロールできるのが魅力。無垢の材を使うよりも手間がかかっていると言っても過言ではありません。薄く作っても、反りや割れのリスクがほとんど無いのが大きな利点。木繊維が交差しているので頑丈です。

111213_03.jpg

カメラ: Canon EOS 5D
レンズ: Canon EF24-70mm F2.8L USM

天板の縁は、ひとつずつ接着します。

111213_04.jpg

カメラ: Canon EOS 5D
レンズ: Canon EF24-70mm F2.8L USM

これはちょっと時間がかかるのだけど、ピシッと合わせます。

111213_05.jpg

カメラ: Canon EOS 5D
レンズ: Canon EF24-70mm F2.8L USM

天板の板よりほんの少しだけ厚くしてある縁を、鉋で合わせる。

111213_06.jpg

カメラ: Canon EOS 5D
レンズ: Canon EF24-70mm F2.8L USM

ここまで狙ったわけではなかったけど、木目も合わせる。

111213_07.jpg

カメラ: Canon EOS 5D
レンズ: Canon EF24-70mm F2.8L USM

こちらは脚になる部品。強度確保を兼ねた、綺麗なライン。

111213_08.jpg

カメラ: Canon EOS 5D
レンズ: Canon EF24-70mm F2.8L USM

面を合わせることにしたので、ものすごく手間がかかる事になったけど、綺麗にできそうです。



コメント

ん?最初と最後のコマは違うもの?完成品と一歩手前、ですか?
最初のコマの、天板が浮いて見える様な、天板の下に溝?をつくってある様なデザインに不思議な魅力を感じます。伝統的なものなんでしょうか。
地道な練習というかテストと言うか、積み重ねは大切ですねぇ…

投稿者 ts

tsさん
さすが、するどい!最初の一枚の方が、最後の写真より後の状態です。そう、この溝が重要なんですよ。伝統的かは分かりませんが、よく使われるテクニックの一つです。

投稿者 いくる

コメントをお願いします