木もれ日輝く那須の森

2012年02月01日 コメント (0)

バキューム成形

講演時などに、バキュームプレスの質問をよく頂きます。ビニールは毎回取り替えるのか?空気漏れはどうか?接着時間は?などなど。

かなり試行錯誤したのでテクニックについてはヒミツですが、ビニールは交換したことはありません。一年以上かなりの回数を使っていますが、全く交換していません。ビニールに穴が開くことによる空気漏れも皆無です。工業用だと思いますが、ものすごく丈夫。人間が入ったら100%つぶれます(笑)。

120201_01.jpg

カメラ: Canon EOS 5D
レンズ: Canon EF24-70mm F2.8L USM

伸縮性有り。

120201_02.jpg

カメラ: Canon EOS 5D
レンズ: Canon EF24-70mm F2.8L USM

角にも強い。

120201_03.jpg

カメラ: Canon EOS 5D
レンズ: Canon EF24-70mm F2.8L USM

空気を抜くので気圧が下がり、接着剤中に含まれる空気がボコボコと出てきます。常温で沸騰している状況です。

120201_04.jpg

カメラ: Canon EOS 5D
レンズ: Canon EF24-70mm F2.8L USM

1/5気圧くらいにすると、物凄い大気圧でプレスされます。

120201_05.jpg

カメラ: Canon EOS 5D
レンズ: Canon EF24-70mm F2.8L USM

曲げても接着面はバッチリ。

ダメにした材も多かったけど、随分と上手になりました。

120201_06.jpg

カメラ: Canon EOS 5D
レンズ: Canon EF24-70mm F2.8L USM

ここまでは強力な真空プレス機でしたが、どなたでも試せるのが、こちらの簡易プレス機。布団圧縮パックです(笑)。いえいえ、ちゃんと使えますよ。

120201_07.jpg

カメラ: Canon EOS 5D
レンズ: Canon EF24-70mm F2.8L USM

掃除機でパック内の空気を抜き出す事で、先ほどと同じ状況を作り出します。力はないけど、平面板を作るには悪くありません。

120201_08.jpg

カメラ: Canon EOS 5D
レンズ: Canon EF24-70mm F2.8L USM

強力な減圧は出来ませんが、ちゃんとくっつきました。

まだまだ研究しがいがありそうです。



コメント
コメントをお願いします