木もれ日輝く那須の森

2012年05月16日 コメント (0)

日食観察グラスをつくる

間近に迫った日食。子供たちの学校でも登校時間を早めるそうです。

ここぞとばかりに関連製品が売られていますが、それなりの値段がしています。安っぽいし、使い捨てにするのも嫌だし、せっかくだから作ることにしました。

もちろん目は確実に守らないといけません。黒い下敷きとか、煤を付けたガラスなどは紫外線素通しなのでダメなんですって。僕が小学生の頃はそんな物で太陽観察をしていましたけどね。

当初は白黒フィルムで作ろうと思っていたけど、ドイツのDIN規格をパスした強力な遮光ガラスを調達。遮光度13。そのままでは素っ気ないので、板に固定して出来上がり。簡単に作ったとはいえ、これは高く付いたな(笑)。

120516_01.jpg

カメラ: Canon EOS 5D
レンズ: Canon EF24-70mm F2.8L USM

ガラス面は4X9センチと十分な大きさ。ハートのワンポイント入り。

120516_02.jpg

カメラ: Canon EOS 5D
レンズ: Canon EF24-70mm F2.8L USM

こちらは小さな小さなハートをくり抜いた仕様。裏側はガラスで覆われていますので光はぬけません。

120516_03.jpg

カメラ: Canon EOS 5D
レンズ: Canon EF24-70mm F2.8L USM

どちらのハートも気に入らなかったミチカによるデザイン。ハートの形そのものです(笑)。着色もしました。

120516_04.jpg

カメラ: Canon EOS 5D
レンズ: Canon EF24-70mm F2.8L USM

こちらはモユル用モデル。炎のリクエストでした(笑)。けっこう持ちやすい。

120516_05.jpg

カメラ: Canon EOS 5D
レンズ: Canon EF24-70mm F2.8L USM

何枚も作りました。もっと早めに作っておけば、それなりに売ることもできたかもね。もちろん普段の太陽観察にも使えます。

120516_06.jpg

カメラ: Canon EOS 5D
レンズ: Canon EF24-70mm F2.8L USM

当日は皆で一緒に観察するつもり。晴れるといいなあ。



コメント
コメントをお願いします