木もれ日輝く那須の森

2014年03月09日 コメント (2)

キリストの象嵌を施した十字架

木のシャンデリアを作った藤城清治美術館の教会へ、今度は木の十字架を取り付けました。

140311_01.jpg

カメラ: Canon EOS 5D
レンズ: Canon EF24-70mm F2.8L USM

ただの十字架ではなく、藤城さんの作品をイメージしたキリストの姿を、象嵌(ぞうがん)の技法を用いて表現しています。

140311_02.jpg

カメラ: Canon EOS 5D
レンズ: Canon EF24-70mm F2.8L USM

これは様々な材種の木を用いています。

140311_03.jpg

カメラ: Canon EOS 5D
レンズ: Canon EF24-70mm F2.8L USM

教会に設置テスト。

140311_04.jpg

カメラ: Canon EOS 5D
レンズ: Canon EF24-70mm F2.8L USM

今回は二種類の十字架を作っていました。先ほどの物と異なり、こちらは木目の向きを変えることで、一種類の材のみで図柄を表現しています。

140311_05.jpg

カメラ: Canon EOS 5D
レンズ: Canon EF24-70mm F2.8L USM

角度によって、見え方が変わりキリストが浮かび上がったり、十字架に溶け込んだりします。

検討の結果、こちらを設置することになりました。冒頭のはどうしましょうね。家庭で使うには大きいんだよなあ・・・



コメント

はじめまして。

藤城先生のファンの一人です。
藤城清治美術館の十字架やシャンデリア、すばらしいです。
シンプルで素朴な教会内の雰囲気ととても良く合っていますね。

お伝えするのが事後になってしまいましたが、
私のブログにIKURU DESIGNさんの写真を転載させていただきました。
何卒どうかご了承ください。

投稿者 トンチキプー

トンチキプーさん

ファンの方にも気に入って頂けて嬉しいです。
どうぞお使い下さい。

シャンデリアは違いますが、こびとの象嵌がきっかけで、この十字架を作ることになったんですよ。

自宅のすぐ近くに美術館があるのですが、行くたびに成長していくところが面白いですね。

ご紹介下さりありがとうございます。

投稿者 いくる

コメントをお願いします