木もれ日輝く那須の森

2015年10月22日 コメント (1)

三台体制へ ドゥルガを大急ぎで作る / B-Max4 II & DB01ドゥルガ

子供たちと一緒にラジコンで遊ぶにはどうしたら良いかを真剣に考え始めました。

色々と調べると、安いラジコンを買って、パーツ追加のタミヤ地獄にはまるより、少し上のモデルにしておいた方が結果的に良いと分かりました。

しかし、新品だと値段が高くなるので、中古の良い物をネットオークションで探すことに決定。

151013_01.jpg

ジャーン!
生まれて初めてのヨコモ製ラジコンバギーB-MAX4 II。古いモデルみたいだけど、レース向けだけあって、ありとあらゆる所がいちいちカッコイイ。当然ながら、宝の持ち腐れかと思いますが、良い物はなんか嬉しい。

一度は全部を分解して、構造を理解しないとね。自分で作ってみないと、いざ壊れた時に問題が分からないから、何度か走らせた後にやってみよう。

151013_02.jpg

そして、もう一台はキットから作ることにしました。タミヤ DB01ドゥルガ。探すと安く買える場所があるんですね。ネット時代万歳。

作業開始前に、まずは整理整頓。効率良く組み立てられるようにネジも仕分けます。

151013_03.jpg

しかーし、作り始めると、あっという間に散らかります。やはりね。

151013_04.jpg

TT-02Bと比べて、DB01は格段に出来は良いのだけど、タッピングビスが皆無でビックリ。樹脂が堅いからなのか、ネジ山が細かい(ピッチが小さい)ネジを使うので、締め付け作業がかなり大変。初めてラジコンを作る人だったら、挫折しかねないくらい延々ネジ締めが続く。

早く組みたいので、最初は手で締めて、途中を電動ドリルを低速で回しながら締め進め、最後はまた手で締め込むことにしました。電動ドリルを使う際、+溝を舐めないように要注意。

151013_05.jpg

タイヤを接着剤でホイールに固定するなんて事も初めて。ベルト駆動も初。

151013_06.jpg

色は娘ミチカのリクエストに応えて、ピンク(笑)。シールも綺麗に貼って仕上げました。

12時間かけて、一気に作りあげました。途中で組み上げ間違いに気付いて作り直したりして数時間をロスしたけど、なかなか頑張ったと思います。結構すごいんじゃないかと。

8時間くらいで作れるかと思っていたけど、そうはいきませんでした。翌朝から出かけることが決まっていたので、だらだら作るより、短期集中で終わらせたかったんです。正直、かなり疲れたけれども、上手く出来たと思っています。

こうなったら、早く走らせたい。



コメント

ドゥルガを買いたいとおもいます。

投稿者 Anonymous

コメントをお願いします