木もれ日輝く那須の森

2015年11月13日 コメント (0)

極薄の糸鋸で象嵌(ぞうがん)作業

普段は大きな機械などを使って作業していますが、1グラムに満たない小さなパーツを作って、ひたすら細かい作業が続くこともあります。

151113_01.jpg

カメラ: Canon EOS 5D
レンズ: Canon EF24-70mm F2.8L USM

何種類もの材を組合わせて作っていきます。

151113_02.jpg

カメラ: Canon EOS 5D
レンズ: Canon EF24-70mm F2.8L USM

例えばこれは目を切り抜いているところ。刃の厚さは、わずか0.2mm。計って驚いたけれど、本当に薄い。

151113_03.jpg

カメラ: Canon EOS 5D
レンズ: Canon EF24-70mm F2.8L USM

目のパーツを取り出しました。

151113_04.jpg

カメラ: Canon EOS 5D
レンズ: Canon EF24-70mm F2.8L USM

こうやって少しずつ作っていきます。まとめて作ることもできません。

151113_05.jpg

カメラ: Canon EOS 5D
レンズ: Canon EF24-70mm F2.8L USM

これは手の形がすぐに分かりますね。

151113_06.jpg

カメラ: Canon EOS 5D
レンズ: Canon EF24-70mm F2.8L USM

でも、加工を始めたばかりの状態では、何がなんだか分かりません。

151113_07.jpg

カメラ: Canon EOS 5D
レンズ: Canon EF24-70mm F2.8L USM

そこから何時間か経つと、随分と形が見えてきました。

151113_08.jpg

カメラ: Canon EOS 5D
レンズ: Canon EF24-70mm F2.8L USM

そうやって出来上がったのがこちら。藤城清治さんのこびとがモチーフの象嵌(ぞうがん)パネルです。おおよそA3の大きさ。

図柄をお持ち頂いて、それにあわせて作ることも可能です。



コメント
コメントをお願いします