46

 


第46回  このサイトからの文章盗用?

 

 さて今回はいつもと全く違う話です。しかし、見過ごすわけにもいかないのでこのメルマガを通して皆さんにも知って頂きたいと思います。僕はこのサイトを98年終わり頃に開設し、これまで製作してきた物や、スウェーデンでの生活を幅広く紹介してきました。サイトの構造やテキストの内容を良くする為に、色々考えて改善してきたつもりです。

 しかし、残念な事に”参考にした”と言うには、どうだろうか?としか思えない僕の文章の無断盗用が発覚しました。ライターの方は盗用と思っていないかもしれませんが、あまりにも酷似している箇所があるので、あえてこの様に表現する事にしました。

 事の発端は僕ではなく、知人からの連絡でした。日本で発行された雑誌にカペラゴーデン(僕が卒業した学校)の事が掲載されている。でも、僕のサイトを丸写しじゃないの?という内容でした。

 早速、日本から記事を入手しチェックしてみました。カペラゴーデンの事が10ページにも渡り紹介されていて写真も大変素晴らしいと感じました。文章からもカペラゴーデンの魅力がよく分かり、読者の方々にはとても良い印象を与えるだろうと容易に推測できます。しかし、この文章はライターの方が書き下ろした完全オリジナルとは思えません。偶然、僕のサイトと同じ様な表現になったという事もあり得るかもしれませんが、これだけ複数の酷似箇所は不自然すぎます。ちなみに誤字まで一緒でした(笑)。

 カペラゴーデンという素晴らしい学校が紹介される事については全く異論はありませんし、嬉しく思います。が、公に発表する文章としてはこの様な手法には疑問を感じ得ません。いくつかすぐに見つかった該当箇所を抜き出し、画像としてサイト上に掲載しましたが、この作業をしている事自体が時間の無駄に感じるほど不愉快に感じ、全該当箇所を探し出すのはやめています。

 ライターも、出版社も当然ご存じの事のはずですが、このメルマガだけではなく、ウェブサイトでさえ、特別な申請が無くとも発表された時点で著作権が生じます。これは日本や世界各国が批准しているベルヌ条約でも定められている著作者の権利です。Copyrightの文字が記述されていなくても著作権は発生します。と、法律の話は長くなるのでインターネットなどで調べてみてください。すぐに見つかるはずです。

 編集部へ届くと思われるアドレスへ問い合わせのメールを送っていますが今のところ回答はありませんので、このメルマガを公開する事にしました。先方から納得いく返答があり、僕がこの号の写真などをネット上から削除しようと思えるようになる事を願っています。

 私のサイトを参考にして記事を書くのも結構ですし、引用するのもOK(もちろん出典元を示すならば)です。しかし、今回の様に、まるでオリジナル作品のように使用されるのはとても残念です。プロのライターならばせめて文章を変えるぐらいの気概を見せて欲しいです。丸写しのコピーはかなり恥ずかしい事に気付いているのでしょうか。
 
 読者の皆さんからのご意見もお待ちしております。僕は神経質に気にしすぎているとは思っていませんが、アドバイス等がありましたらよろしくお願いします。

-------------
追記
著作権問題を専門に扱っている方や、色々な方からたくさんのアドバイスを頂きました。どうもありがとうございました。

該当部その1。

 

記事

 

該当部その2。

 

記事

 

該当部その3。

 

記事

 

該当部その4。

 

記事