物づくりにおける理念

 

DESIGNとは、手でフォルムを創り出すこと
私のデザインは、試作を繰り返しながら生み出されます
特徴の無いデザイン
これこそが、私のデザインの特徴になってもらいたいです。
地味な中に、凝った構造の共存
先ほどと相反する言葉かもしれませんが、「何か」を隠し持たせたデザインを好みます。
使い勝手は、見た目の良さよりも重視される
外観の良いデザインは重要ですが、使いやすさや実用性を犠牲にすることがあってはいけません
材料力学を適切に採り入れる
見た目を重視するあまり耐久力が無くなってはいけません。構造力学に基づいたデザインを優先しています。
工作機械も一つの道具として扱います
現代の電動工具も、伝統工具と同じく道具の一つです。手道具よりも迅速且つ正確に加工を行えるのならば、それらは機械加工に委ね、その分の時間と体力は指先の感覚が重要な作業に回します。
いつでも輝きを取り戻せる仕上げ法
常に手が触れる家具はメンテナンスフリー製品ではありませんが、適切な手入れを施すことで、美しさを再び得ることが可能な仕上げ塗装を選択しています
遠い将来でも修理を可能とする情報
設計図面の保管を行っています。適切な知識と技術を有した者ならば、誰もが修理可能です