Small Table / 文机

デザイン : IKURU SUTO 2011

素材 :
・本体  ウェンジ
・天板  ホワイトシカモア
・天板縁 ウェンジ

仕上げ :
・オイルフィニッシュ

サイズ :

・幅
600 mm
・高さ

300 mm

・奥行き
450 mm

価格 :
140,000円(税別)から

贅沢な素材選択を行い、制作した小さな机です。文机としてご依頼を頂きました。

黒いウェンジと、明るいシカモアのコントラストが大変美しく、上品な姿にまとまりました。和の空間にも、とても良く合うと思います。

天板 / テーブルトップの素材例
Cherry チェリー 桜 Mahogany マホガニー
木目が美しい材種です。光を眩しく反射する事もなく、様々な空間に溶け込む上品さを有しています。真っ直ぐ並んだ木目が一般的ですが、写真の様な波打った材もまれに見つかります。
高級木材の代名詞とも言えますが、完成後しばらくは、お世辞にも美しいとは思えない表情を見せます。しかし、日光や空気にさらされる事で、深く赤みを帯びた色に変化し、美しい光沢を有します。
メープル 楓 カエデ ホワイトシカモア
硬く緻密な繊維を有しているため、輝くように滑らかな表面に仕上げられます。紙をテーブルに置いて、鉛筆などで直接書き込む機会が多い場合に向くでしょう。
メープルと同じくカエデ科の材ですが、シルクの様な白系の光沢が大変美しいです。ストラディバリウスなどの楽器に用いられてきたことでも有名です。
チーク ウェンジ
最高級木材の代名詞でもある材です。マホガニー同様、加工後の状態よりも、年月を経る事で色の深みが出て、大変美しくなります。油分を含んでいますので湿気に強く、少ししっとりした触り心地です。
今では手に入らない黒檀やローズウッドの様な濃い色、また、スタイリッシュな表現をしたい時など、ヨーロッパで好んで使われる様になってきた高級材です。テーブルトップとしての加工は難しいのですが、明るい色の材とのコントラストが大変美しいと思います。
オーク 楢 なら
硬くて重い材ですが弾力に富むため、世界中で酒樽から造船材、家具材、建築材など様々な用途に用いられてきました。ポピュラーな材ではありますが、目の詰まった緻密な材が減ってきています。