木もれ日輝く那須の森

2010年12月18日 コメント (0)

若干五歳のカメラ女子

ストロボを使い始めたら、簡単に高画質の写真が撮れてしまって感激。工房内でこども達を撮る時は、光量が足りなくて苦労していたのがウソのよう。

101218_01.jpg

カメラ: Hasselblad 500C
レンズ: Carl Zeiss S-Planar C 135mm F5.6
+ Variable Extension Tube 64 - 85
デジタルバック: Leaf Valeo 11

1/500秒の高速シャッターを使えるので手ぶれは起きないし、絞れるのでシャープ。素晴らしい。

被写体はEOS 5Dデビューを飾ったミチカ カメラマン。

101218_02.jpg

カメラ: Canon EOS 5D
レンズ: Canon EF24-70mm F2.8L USM

パパが照明方法を試している中、邪魔しに来たところ。うーん、光の当てかたって難しいなあ。

101218_03.jpg

カメラ: Hasselblad 500C
レンズ: Carl Zeiss S-Planar C 135mm F5.6
+ Variable Extension Tube 64 - 85
デジタルバック: Leaf Valeo 11

とりあえず、安易に天井照射。

EOS 400D(KISS DX)だと、内蔵ストロボとパパの使っているストロボが連動することに気付いたミチカ氏。

101218_04.jpg

カメラ: Canon EOS 5D
レンズ: Canon EF24-70mm F2.8L USM

スタイルはカメラ女子?なのかな。

101218_05.jpg

カメラ: Hasselblad 500C
レンズ: Carl Zeiss S-Planar C 135mm F5.6
+ Variable Extension Tube 64 - 85
デジタルバック: Leaf Valeo 11

いつの間にか、レンズを下から支えるこのフォームをマスターしていたチーちゃん。しかも、左目をあけて、被写体をチェックしている(ように見える)なんて、ただ者ではなさそうだ。。。

101218_06.jpg

カメラ: Hasselblad 500C
レンズ: Carl Zeiss S-Planar C 135mm F5.6
+ Variable Extension Tube 64 - 85
デジタルバック: Leaf Valeo 11

これは凄い。5DとEF24-70は約2キロの重さ。片手で支えながらレリーズでフォーカス+シャッターを切るという離れ業。5歳とは思えない(笑)。

101218_07.jpg

カメラ: Hasselblad 500C
レンズ: Carl Zeiss S-Planar C 135mm F5.6
+ Variable Extension Tube 64 - 85
デジタルバック: Leaf Valeo 11

Macと繫ぎながら撮影しているパパのアシスタントを、 勝手に  始めたミチカ。

101218_08.jpg

カメラ: Hasselblad 500C
レンズ: Carl Zeiss S-Planar C 135mm F5.6
+ Variable Extension Tube 64 - 85
デジタルバック: Leaf Valeo 11

ピントが来ていると、「上手!」
ダメだと、「ザンネン!」と厳しい。



コメント
コメントをお願いします