木もれ日輝く那須の森

2017年03月07日 コメント (0)

雪上トレーニング

小学一年生の時からスキーを始めた子供たち、ついにパパは手を抜かなくても(じゃなくて、脚を抜く?いや、速度を抑えなくても)良くなりました。

170306_01.jpg

ガラ空きの上級コース。コース内に木々があったり、起伏に富んでいるので滑り甲斐のある場所です。

ものすごい勢いで滑り降りてきます。

170306_02.jpg

こちらは中級コース。

170306_03.jpg

同じ場所でパノラマ撮影。

170306_04.jpg

以前は、先に行かせて、僕が追いつくというパターンだったのですが、現在はかなり厳しい状況です(笑)。

170306_05.jpg

冒頭の上級コースをパノラマ写真で。本当に木があるでしょ。大鷹の巣があって伐採しなかったと聞いたことがあります。

自然の中でするスポーツということが良く分かります。

170306_06.jpg

滑っていると気にならないけれど、結構スゴイ景色だね。

170306_07.jpg

このところテクニックの向上著しいのがミチカ。モユル兄にスピードで負けるのが納得いかないみたい(笑)。←技術の違い

170306_08.jpg

とはいえ、急斜面を怖れずについてくるので感心。

170306_09.jpg

4年前、初めてのスキーでも、一時間でリフトに乗って上から滑り降りてきたくらいなので、センスはかなり良いと思う。先生は特になく、父と兄の後ろを滑るだけ。

170306_10.jpg

緩斜面の林道コースで、兄にぶち抜かれるのが悔しかったそうです。どうやったら速く滑れるかブツブツ考えているみたい。

良い傾向だ(笑)。



コメント
コメントをお願いします